トップ > 最新情報 > お知らせ > (PowerPoint起動エラー)Windows Update(11月更新プログラム)実施後に発生する不具合について

お知らせ

(PowerPoint起動エラー)Windows Update(11月更新プログラム)実施後に発生する不具合について

2015.11.16 更新

2015年11月のWindowsUpdateを適用すると、OutlookやPowerPointなどが起動できず強制終了するという事象が発生しているます。不具合の原因は「KB3097877」であると見受けられますので、WindowsUpdate時にはお気を付けください。(以下は、PowerPointのエラー表示です)

WindowsUpdate後に不具合が見受けられた場合、「KB3097877」をアンインストールすることにより解消されるようです。不具合が発生している場合はお試しください。

Windows7の場合、以下の手順で更新プログラム「KB3097877」をアンインストールできます。

  1. スタートボタンからコントロールパネルを選択します。
  2. コントロールパネルで、「プログラムと機能」の「インストールされた更新プログラムを表示」。「Microsoft Windows(KB3097877)のセキュリティ更新プログラム」を選択します。
  3. 該当の更新プログラム「KB3097877」の選択とマウスの右クリックで「アンインストール」を押し、アンインストール開始します。
  4. パソコンの再起動が必要な場合は、再起動してください。(再起動時に修正済みの更新プログラムがインストールされます。

※本件以外にも、一部メーカーの周辺機器やInternet Explore等で不具合が発生しているようですので、「Windows Update 11月 不具合」で検索してみてください。

TOPへ