トップ > 最新情報 > お知らせ > 文部科学省、宮崎県主催のイベント「共に学び、生きる共生社会コンファレンス(九州・沖縄ブロック)」のオンライン配信を担当いたしました。

お知らせ

文部科学省、宮崎県主催のイベント「共に学び、生きる共生社会コンファレンス(九州・沖縄ブロック)」のオンライン配信を担当いたしました。

更新

2021年1月23日

国からの委託により、障害者の生涯学習活動の関係者が集うコンファレンスが、例年全国「7ブロック」に分かれ開催されております。九州ブロックは宮崎会場での開催を予定しておりましたが、本年はコロナ禍のためオンラインでのイベント運営となりました。

宮崎電子機器が業務委託を受け、配信事業を担いました。宮崎がメイン会場でしたが、宮崎県主催の多拠点接続のオンラインのイベントというものは、ほとんど前例がありませんでした。一ケ月以上前から入念な打合せ・リハーサルを重ねての開催となりました。

当日は配信スタッフ「4名」運営スタッフ「5名」計「9名」でサポートさせて頂きました。

長崎、福岡、東京の文部科学省とトークセッションできる環境を構築し、一般視聴者はその様子を配信で視聴できる設定を行いました。又、耳の不自由な方でも参加できるよう、手話の表示と合わせ、文字起こしのシステムも使用し、字幕もzoom内で表示できるよう配慮しました。当日は160名弱のオンラインでの参加者と、各会場合わせ合計200名程がオンライン上で集い、学びの場を持ちました。オンライン配信のサポートが出来る体制づくりを今後も進めてまいります。

https://www.kyoseishakai-conference.com/2020

 

困ったをズバリ解決!言行一致 業務 INNOVATION仕事で活用!!アドバイステ・クリニック
TOPへ